連絡する →

Caribbean bank

カリブ海における主要な金融機関の1つ。

ソリューション:

ウェブ開発

業界:

フィンテック

Business
challenge

弱点

  • IT部門の内部スケーリングのた めの時間不足
  • 十分な経験を積んだ社内エンジ ニアがいない
  • 厳しい開発スケジュール

強点

  • カリブ海全域で強い需要を持つ 市場リーダー
  • 地域市場に合わせた幅広い金融 サービス
  • 満足度を高める顧客中心の業務 プロセス
  • 企業の社会的責任の文化及び地 域の重要な目的への貢献

Project
Description

カリビアン銀行は、オランダ語および英語を話すカリブ海地域における最大の 地方銀行です。リテールバンキング、コーポレートバンキング、インベストメ ントバンキング、そしてウェルスマネジメント、クレジットファイナンスな ど、あらゆる金融サービスを提供しています。カリブ海の17か国における数百 万の個人顧客および企業顧客を抱えるカリビアン銀行は、顧客をビジネスプロ セスの中心に置き、満足のいく体験を保証し、この地域で一次選択の金融サー ビスプロバイダーになってきました。

企業のビジョンを実現し、開発ペースを上げるために、カリビアン銀行は Computoolsチームに、古くなってきたオンラインバンキング・モバイルアプ リケーションの再製を依頼しました。Computoolsは、クライアントの要件を 分析した上で、経験豊富なソフトウェアエンジニアを選び、クライアントの社 内IT部門がモバイルアプリの機能を更新し、新しいマイクロサービスを開発 し、VISAAPIと統合するのを支援しました。

転帰

クライアントのIT部門と並行して、Computoolsチームは古いオンラインバンキングモバイルアプリケーションへの重要なアップグレードを実装し、VISA API統合マイクロサービスを3つ実装しました。効率的なコラボレーションの結果として、目標と目的が達成され、クライアントは完成したモバイルアプリケーションに完全に満足しています。

解決した主なオプション:
  • 究極のトランザクション制御、セキュリティ保持、および保護者による制限オプションをユーザーに提供します。
  • 口座名義人が国外にいる場合に取引の検証を行う。
  • ユーザーがトランザクションを作成、プレビュー、編集、および停止できるようにするサービスを実装します。

技術

通信フレームワーク

オープンで効率的な双方向通信は、デジタル変換プロジェクトの成功にとって不可欠です。クライアントとの協議の後、定期的な対面およびオンライン会議と電子メールによる定期的な報告を含む、明確で明確なコミュニケーションフレームワークに合意しました。これにより、一般的なプロジェクトロードマップと特定のプロセスの両方が、すべての関係者にとって透明で明確になりました。
Skype
Jira
Slack

のチーム

クライアントの社内チームを補完するために、Computoolsはソフトウェアエンジニアのプールを選別しました。 モバイルアプリの開発を加速するために、バックエンドJavaおよびマイクロサービスアーキテクチャの専門知識を持つ最も経験豊富な開発者が選ばれました。

バックステージ

Computoolsチームの効率は、確立された開発フローと、社内エンジニアとクライアント側のスペシャリストの間のシームレスなコミュニケーションにかかっています。 定期的な計画セッションとレビュー会議のルーチンは、分散したチームメンバー間の協力の成功を促進します。

スプリントのデモンストレーション

レトロスペクティブはすべてのスプリントを切り上げました。開発チームのメンバーは、プロセスの最も強く弱い側面を分析しました。各セッションは、次のスプリントの過程で実施される運用改善計画によって終了した。

企画セッション

最初の計画会議のほかに、Computoolsチームはスプリントの開始時に集まり、実装する機能について話し合い、大規模なタスクを分解し、評価して個々の開発者に割り当てました。 定期的な計画セッションにより、チームは開発スケジュールを守り、クライアントが設定した期限内に製品を納品することができました。

スプリント回顧

一貫した開発努力を確実にするために、チームリーダーはレビューとデモセッションですべてのスプリントを完成させました。 チーム全体で、実装された機能とプロジェクトの全体的な進捗状況を評価し、将来のスプリントの優先順位を特定することができます。

内部通信フロー

Computoolsのエンジニアは、更新されたモバイルアプリケーションのタイムリーな実装を保証する国際的な開発チームを補完しました。 チームメンバーは、毎日のコミュニケーションにEメール、Slack、Skypeを使用しました。 クライアントはConfluenceを通じて技術要件を導入しましたが、Jiraは、各割り当てが時間どおりに完了することを保証するタスク追跡ツールとして選択されました。

プロジェクトの管理方法

グローバルに分散した国際チームを管理するために、Scrumアジャイルフレームワークが実装されました。 毎日のスクラムを使用したスプリントベースのプロジェクト管理方法論により、チームは開発計画に従い、予期しない障害に直面しても柔軟に対応することができました。 クライアント側のスクラムマスターはJiraへのアクセスを提供し、それを使用して役割の分散、リソースの管理、およびタスクの追跡を行いました。 このまとまりのあるアプローチにより、チームはプロジェクトの課題にうまく対処することができました。

プロジェクトのタイムライン

01

背景

初見
  • クライアントの業務プロセスの分析
  • 長所および短所の特定
  • クライアントとの目標設定
  • 仕様、タスク、期限の導出
02

戦略

計画
  • 業務プロセスのモデリング
  • 技術の選択
プロジェクト管理および開発の流れ
  • 専門知識に基づく人材評価およびチーム形成
  • 内部通信の流れを成立
  • プロジェクトの管理方法
開発の流れお
  • 方法論の実装
03

実装

システムの実装
  • システム要件の分析
  • 役割の割り当て
  • タスクの割り当て
ソフトウェア開発
  • コードの作成およびリファクタリング
  • テストおよび修正
起動
  • 安全要件の検証
  • システム起動
  • 展開およびサポート

次のリンクを使用して
コードサンプルを検索する

https://github.com/computools/custom-enterprise-crm-sample

連絡先

御社のプロジェクトについて、ご相談下さい。
フォームにご入力頂くか、または、以下の電子メール宛にご連絡ください。: info@computools.com

メッセージをいただけましたら幸いです。

ご要求はこちらの専門家が注意をはらい調べさせていただきます。1営業日以内にご連絡いたします。

18 reasons why
computools