Get in touch →

EPSON

日本の電子機器企業で、パソコン専用のプリンタ、そして情報および画像機器の世界最大メーカーの1つです。

Solution:

ウェブ開発

Industry:

インターネットおよびダイレクトマーケティング小売

Outcome

クライアントの社内IT部門と緊密に協力して、Computoolsの専門家はプロジェクトの課題を解決し、目標を達成しました。 明確に構造化されたインタラクションシステムにより、常に同じページに留まり、クライアントの要件と要望に完全に応じてすべてのタスクを完了することが可能になりました。

私たちが解決したいくつかの重要なオプション:
  • 対象となるプリンタのインクレベルをリアルタイムで監視します。
  • カートリッジを補充する必要があることの自動通知。
  • 必要なカートリッジを注文し、配達を手配します。

Business
challenge

weaknesses

  • 社内のIT部門を拡大するための時間が限定されている
  • タイトなプロジェクト・スケジュール
  • 資格のある社内エンジニアの人数不足
  • 労働コスト上の制約

strengths

  • 世界中に製品とサービスに対する需要が高く、市場をリードする会社
  • 市場地位の強化を目的としたイノベーションへの定期的投資の文化
  • 補充が清潔で簡単にできるための高速インク補充技術
  • 研ぎ澄まされたロジスティクスと配送プロセス

Project
Description

セイコーエプソン株式会社は、インクジェット、ドットマトリックス、レーザープリンター、スキャナー、その他の電子機器のトップメーカーの1つです。当社の受賞発明は、小売消費者にも、政府、医療、金融、そして世界中の他セクターにおける組織にも効率良く使用されています。Epsonはイノベーションを最優先とする企業であり、革新的な製品を市場に供給することを目指とし、積極的に新鮮なアイデアを生み出しています。そのようなアイデアの1つは、手間のかからないインク補充システムを顧客に提供し、その再販業者と販売業者が顧客との長期的な関係を構築できるようにすることでした。

そして登場したのはReadylnk System、対象となるプリンターのインクレベルを実時間で監視し、カートリッジを補充する必要があることをユーザーと再販業者の両方に自動的に通知するシステムです。それに、そのシステムは必要に応じカートリッジを注文し、店舗またはユーザーのドアまでの配送を手配します。

この時間に敏感で優先度の高いプロジェクトを完了するために、Epsonの技術リーダーは、社内IT部門のスケーリングをComputoolsに委託しました。ソフトウェアエンジニアの専門知識に基づく人材評価を行い、Epson独自の社内開発人材を補完するためにチームを形成しました。シームレスな協力のおかげで、パフォーマンスと安定性を妥協せずにプロジェクトを予定時間内に完了できました。

Digital Platform & Technology

Communication Framework

Open and efficient two-way communication is crucial to the success of a digital transformation project. Following consultation with the client, we agreed upon a clear and unambiguous communication framework with scheduled regular face-to-face and online meetings and regular reports by email.Our communication ecosystem also incorporated a structured documents environment and client access to Computools' internal task managing platform. This made both the general project roadmap as well as specific processes transparent and clear for all parties.
Skype
Jira

Specification

本社のチームは、クライアントの社内IT部門と協力し、インク補充システムの機能要件および非機能要件の両方を概説する詳細な仕様を作成しました。実際のユースケースおよびクライアントの技術選好に基づき、プロジェクトのスプリントとリリースを計画を立てました。

通し番号確認

目標 1. 通し番号がまだ登録されていない、そしてプログラムに参加する資格があることの確認。
2. プリンタモデルを取得。

エントリポイント
1. プリンターを登録する(ユーザーはログインしていない)。
2. プリンターを追加する(ユーザーはログイン済)。

事後条件
1. 通し番号のチェックが成功か、失敗か。

主なフロー
1. ユーザーが通し番号を提供する。
2. システムは、その通し番号がデータベースに存在するかどうかを確認する。
3. 通し番号がデータベースに存在しない場合は、システムが保証チェッカーサービスからプリンターSKUを要求する。
4. SKUを受信した場合は、通し番号チェックが成功となる。
5. フローの終了

代替フロー
1. 通し番号はデータベースに存在する、そしてその状態は「作成済み」「有効」または「保留中」の場合は、
- チェックが失敗となる。
- フローの終了
2. 通し番号はデータベースに存在する、そしてその状態は「作成済み」「有効」または「保留中」以外の場合は、
- チェックが成功となる。
- フローの終了.

Team

Computoolsソフトウェアエンジニアのプールを選別して、バックエンドJavaおよびOracleデータベース開発の経験を持つ専門家を選択しました。その専門知識はクライアントの社内チームを補完します。

Backstage

本社の専門家は、確立された内部コミュニケーションと開発の流れを通して、迅速かつ高品質の結果を確実に達成します。対面の会議、ビデオまたは音声会議の使用は、世界中に分散しているチームメンバー間に効率的なワークフローの構築を助けます。

ブレーンストーミング

最も費用効果が高く高性能なアプローチを選択するために、当社のソフトウェア・エンジニアはブレインストーミング・セッションに参加しました。この段階では、革新的な思考を促進するために、全てのアイデアを批判することなく歓迎します。

開発者ミーティング

デジタル・コラボレーション・ツールにより、ソフトウェア・エンジニアは社内のエンジニアと完全に同期して作業できます。コーディングおよびテストプロセスの全ての段階で適切に調整された協力により、開発のペースが向上します。

フィードバック・セッション

話合いおよびフィードバック・セッションで各スプリントをまとめます。意見やアイデアの交換により、ソフトウェア・エンジニアは革新的なソリューションを開発し、全体的な効率を向上させることができます。

Internal Communication Flow

本社のエンジニアは、国際的な人員配置チームのメンバーとして、Epson ReadyInkソフトウェアのタイムリーな立ち上げを確実にしました。チームのメンバー間の効率的な日常連絡は電子メール、Skype、GitまたはSlackなどの通信チャネルを通して確保されました。インスタント・メッセージ・プラットフォームに加え、音声およびビデオ会議の使用はシームレスな情報交換を実現し、チームメンバー間の相互理解を促進しました。

新しいアイデアを交換しながら、チームの国際メンバー間のコミュニケーションを長期的に改善するために、毎月のフィードバック・セッションを行いました。利害関係者の分析に基づき、1週間以内にコミュニケーション管理計画を作成し、プロセスを文書化しました。

Project Management Methodology

プロジェクトの課題およびグローバルに分散した国際的なチームでの作業のさらなる複雑性に適切に対処するために、スクラムマスターがJiraおよびRedmineプラットフォームを導入しました。それを利用することでリソースを管理し、チーム間で役割を分散し、タスクの進行状況を追跡しました。プロジェクトの開始時に、本社のチームは、望ましい通信チャネルを選択し、プロジェクト管理およびレポートシステムを採用しました。

毎日のスクラム・ミーティングを伴うスプリントに基づくプロジェクト管理方法を使用することで、開発計画に従い、クライアントの要件を満たしながら、新たなチャレンジを克服するための柔軟性を維持することができました。

Project timeline

01

CONSULTING

初見
  • クライアントの業務プロセスの分析
  • 長所および短所の特定
  • クライアントとの目標設定
  • 仕様、タスク、期限の導出
02

Product DESIGN

計画
  • 業務プロセスのモデリング
  • 技術の選択
プロジェクトの流れ
  • 専門知識に基づく人材評価と1週間中のチーム形成
  • 内部通信フローの確立
  • プロジェクトの管理方法
開発の流れおよび手法
  • Development Methodology
03

Product Engineering

システムの実装
  • システム要件の分析
  • 役割の割り当て タスクの割り当て
ソフトウェア開発
  • コードの作成およびリファクタリング
  • テストおよび修正
起動
  • 安全要件の検証
  • アイテム統合およびユニットテスト
  • システム起動
  • 展開およびサポート

Design

The product architecture plays a key role in developing it from scratch and when working on an upgrade. Computools' integrated approach includes the development of the architecture for the project, which allows taking into account not only functional features but also their interaction.

Contact Us

Get professional advice.
Use the form to drop a line or
write us an e-mail: info@computools.com

Thank you for your message!

Your request will be carefully researched by our experts. We will get in touch with you within one business day.

Get a
consultation
from our experts!
Contact us →